FC2ブログ

2018-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「伝説」追悼ビリヤード

4月22日は自分にとってとても大切だった人の命日だ。



「後藤章二」享年54歳。



昭和から平成に変わる頃。

ある程度一生懸命ビリヤードをやっていた人なら、プロアマ問わず

皆その名を知らない人はいない、新宿のお米屋さんにして

「伝説」の人だ。



カレコレ30年前。ボクが一年に360日ビリヤードをやっていた頃。



ひょんな事からその「伝説」と知り合う事になり、そのプレイの華麗というか異質というか


とにかくとんでもない衝撃を目の当たりにしたいが為に

2週に一度のペースで上京をしていた時期があった。




そのうち「伝説」の顔見知りになり、「伝説」に飯をご馳走してもらうようになり

上京した際は「伝説」の家に泊まらせて頂くようになり、

上高地が好きだった「伝説」が松本に来た際は、営業中のウチに来てくれて

子供達にお土産にぬいぐるみまで買ってきてくれた。



ボクは勝手に「伝説」を「師匠」と思っていたが、「伝説」はボクを「友達」だと言ってくれた。




そんな「伝説」が急性骨髄性白血病に突然冒され、本当にウソのようにこの世を去った。




自分の進化を「伝説」に見てもらいたい、褒められたい、叱られたい、と思っていたボクは


その時を境にキューを置いた。




もう20年近くなるだろうか…




それ以来、命日の4月22日だけは、昔一緒に撞いていた仲間で集まり


「伝説」が好きだったコーラで献杯して始まる「追悼ビリヤード」をやっている。



集中の持久力は無くなり、眼も老眼か乱視か、とにかく見辛くなり、道具も経年劣化が否めず

本当にこの日だけしかやっていないので

とても自分自身は「伝説」を偲ぶ様なパフォーマンスは出来なかったが


今年は思わぬゲストも現場で遭遇するという、懐かしい嬉しい空気の会になった。







「伝説」亡き今。


あれほどビリヤードにハマる事はもう無いと思う。


が、「伝説」を中心に広がった人脈、経験は感謝しか無い。




月並みだが、「伝説」は今なお、ボクの中には生き続けている。






…その割には、全く球は入らなかったなぁ〜〜〜…(滝汗)



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://oba2014.blog.fc2.com/tb.php/90-93f61e44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

7回目の10回目 «  | BLOG TOP |  » 「カタチ」が「キモチ」をつくる

プロフィール

てんちょー

Author:てんちょー
信州松本に住みながらも
登山もスキーもやらない
地の利を全く活かさない
とこやのてんちょーですm(_ _)m

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
日常 (41)
テニス (34)
スポーツ (10)

毎度ありがとうございます

ページビューを調べる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。