FC2ブログ

2018-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦い続ける意味は

冬期五輪が、お隣で開催される。


レジェンド葛西選手は8度目の五輪になる。



昨今、トレーニング方法やスポーツ医学の著しい進歩のおかげで


いわゆる「レジェンド」と呼ばれる重鎮がそこかしこに存在する。




彼らが戦う理由は一体何なのだろう?





例えば、それこそ葛西選手は、20年前の長野五輪で劇的な金メダルを取った



団体のメンバーに選ばれなかった後、自身の五輪の「金」を取るまで諦めない。





…これは何となくわかる。(全然違うかもしれないけど…)




ところが、今日初めて知ったのだが


その20年前の団体金メダルの最終ジャンパーの立役者「船木」選手も現役を続けているのだ。





20年前、個人でも金を取った彼は、今、何と戦っているのだろう?





当時、世界一と言われた距離と飛型の美しさを、ある意味極めたはずの彼が…





例えば。



本当に全く持って失礼な話だが、本当に例えば


フェデラーは今だにグランドスラムを制する事が出来る。…ので、現役。



…は解る。




国内選考から漏れている今の状態でも、現役を続ける元・世界一。




目先の結果なんて関係ない

自分自身の「納得するプレイ」と戦っているのか…。







…いずれにせよ、どちら様も、本当に単純にその競技に強く「魅了された人達」なんだろうなぁ〜




















スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://oba2014.blog.fc2.com/tb.php/84-43c376eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

何を持って「勝ち」とするか? «  | BLOG TOP |  » 自分を信じきれるチカラ

プロフィール

てんちょー

Author:てんちょー
信州松本に住みながらも
登山もスキーもやらない
地の利を全く活かさない
とこやのてんちょーですm(_ _)m

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
日常 (41)
テニス (34)
スポーツ (10)

毎度ありがとうございます

ページビューを調べる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。