FC2ブログ

2014-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6回 MTOCUP OPEN

こんな経験したくても、なかなかできるもんじゃない。


今となっては、一年で最も気合いが入る日がなんとか終わった。


今年はつくづく「人のチカラ」を感じた。


反省点は回数を重ねるごとに増えていく。
ただ、より具体的になってもいく。



更に良い大会を、更に良い記録DVDを…



さてさて、手元には2000枚を越える写真と、のべ15時間を越えるビデオデータ…



現場の興奮が冷めないうちに、がんばろっと。







スポンサーサイト

AKB総選挙

強いて言えば推しメンは総監督、高橋みなみ…


…色々言いたい事も無い事は無いが、なぜか毎年ライブで見たいと思ってしまう。


さほど彼女達の順位に興味は無いのだが、なぜだろう…


一つ答えがあるとするならば、多分まわりも彼女達も「本気」でつくられたイベントだからか…

順位が上がって歓喜する子。
順位が下がって仮にもアイドルがテレビで出しちゃいけない表情をしてしまう子。
豪雨の中、それに敏感に反応する7万人のファンの人達。


「本気」が見えないとイベントは面白くならない。




いよいよ来週はTHE 6th MTOCUP OPEN。

彼女達からいいエネルギーを貰って「本気」で向かいたい。



世間に認められるプロセス

全仏。

グルビス選手が8決めでフェデラーに勝ったゲームは
観客からのブーイングが絶えなかった。

そして、対ベルディヒ戦。

彼がフロックで帝王に勝ったのではないというパフォーマンスが
今、逆に観客を味方に付けかけている。

とかく何の世界も世間は「予定調和」を望んでいる。
安西先生も「スラムダンク」の山王戦でそれを詠っている。

悪者で結構。
歴史が変わる時は「ダンコたる決意が必要」なのだ。…と。

まだゲーム中で結果がどうなるかは勿論分からないが、
トップもそれ以外の人も皆、死にもの狂いで辿り着いたステージ。

グルビス選手、個人的に頑張って欲しい。
そして、勝ち上がる事で世間に
「フェデラーに勝っていい選手」として世間に認められて欲しい。

一回だけでなく二度三度。
「勝つ」という成功事例を増やす事でしかこの世界の「正義」はない。





…そう考えると、プロって大変だ…







NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

てんちょー

Author:てんちょー
信州松本に住みながらも
登山もスキーもやらない
地の利を全く活かさない
とこやのてんちょーですm(_ _)m

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
日常 (41)
テニス (34)
スポーツ (10)

毎度ありがとうございます

ページビューを調べる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。