2018-02

何を持って「勝ち」とするか?

平昌五輪から連日、大いなる刺激を戴いている。


過去の実績から「メダル」を、もっと言えばその「色」までもが期待されている選手達がいる。



今日2月16日現在。



金メダルを手にした日本人はいない。



それを期待されていた選手は居て、メディアはその選手が何故「金メダル」に届かなかったかを

一生懸命、ありとあらゆる角度から、素人の我々にも解り易い様に、説明してくれている。



そんな中で「根本的な考え方」の違う3人の凄さを感じた。



男子ハーフパイプ平野選手の競技後の「前回の銀よりイイ銀でした。」

女子スピードスケート小平選手のこれからを「氷とケンカしない様に、味わって…」

男子フィギュア羽生選手の「五輪王者として前回五輪のフリーのリベンジを…」



結果に対するモノの考え方と、これから向かうメンタルの方向性。



そもそも彼らが戦っている相手は誰で、それとどのように戦っているのか?






戦いの舞台に立てば、順位がつく。




その順位で世間がアーダコーダと騒ぎ立てる。





おそらく、トップの彼らはそんな雑音など全く気にならない所まで


自分を追い込んで、やりきって、その結果がどう転んでも受け入れる事が出来るように


準備をしてきたんだろう。





勝負は時の運。







出し切れれば「勝ち」だ。


スポンサーサイト

戦い続ける意味は

冬期五輪が、お隣で開催される。


レジェンド葛西選手は8度目の五輪になる。



昨今、トレーニング方法やスポーツ医学の著しい進歩のおかげで


いわゆる「レジェンド」と呼ばれる重鎮がそこかしこに存在する。




彼らが戦う理由は一体何なのだろう?





例えば、それこそ葛西選手は、20年前の長野五輪で劇的な金メダルを取った



団体のメンバーに選ばれなかった後、自身の五輪の「金」を取るまで諦めない。





…これは何となくわかる。(全然違うかもしれないけど…)




ところが、今日初めて知ったのだが


その20年前の団体金メダルの最終ジャンパーの立役者「船木」選手も現役を続けているのだ。





20年前、個人でも金を取った彼は、今、何と戦っているのだろう?





当時、世界一と言われた距離と飛型の美しさを、ある意味極めたはずの彼が…





例えば。



本当に全く持って失礼な話だが、本当に例えば


フェデラーは今だにグランドスラムを制する事が出来る。…ので、現役。



…は解る。




国内選考から漏れている今の状態でも、現役を続ける元・世界一。




目先の結果なんて関係ない

自分自身の「納得するプレイ」と戦っているのか…。







…いずれにせよ、どちら様も、本当に単純にその競技に強く「魅了された人達」なんだろうなぁ〜




















自分を信じきれるチカラ

国枝慎吾が全豪を制した。


絶対王者がケガをして以降、思う様な結果が出なかった日々が続き

「国枝の時代が終わったか?」とも思われた。


しかし今日、彼は頂点に帰ってきた。

幾つかのマッチポイントを…

本当に幾つかの窮地をかいくぐって頂点に返り咲いた。



鮮やかに、明らかに、一時代を築いた男の感動の復活劇は

「感動」を通り越して「驚愕」だった。




地位も名誉も手にしたであろう男の「戦い続けられる理由」…


対戦相手の盟友ウデの存在はもちろん大きいと思うが


何よりも「自分を信じきれるチカラ」がすごい。




どうだろう?

思う様に結果が出なくなったら

普通、世間では「やりきった感」でやめちゃうと思うんだけど…





国枝さんのラケットに書いてある言葉。


「おれは最強だ!」


それを信じきれる日常を彼は積み上げてきたんだろう。





同日、大相撲初場所14日目。


平幕の栃ノ心が優勝を果たした。

結果論で話すべきではないが、今場所はどことなく自信に満ちあふれていた。

そもそも体格に恵まれて、そこに気持ちと稽古の充実が上乗せし

白星が思う様に先行しての15日。


盤石の場所だったと思う。


やはりそこには「自分を信じきれるチカラ」があったんだと思う。



鶴竜も御嶽海も前半の状態なら優勝争い間違いなしだったのに

どこかで自分が信じられなくなったんだと思う。



この世の他の誰が思ってなくても問題無い。



勝つ奴は自分を信じ切って、黙って勝つ。







世代交代の波

前の日のお酒が少し残っていたり、寝不足もあり

とどめは息子の「たまにはゆっくり休んだら?」で

せっかくの第三日曜日だが「今日はゆっくり休もう」を決めた。


お昼。

コタツにあたりながら何気にテレビを付けたら「男子都道府県対抗駅伝」だった。


埼玉のアンカー7区の設楽クンの圧倒的なチカラの前に長野は結果的に2位だった。

7区の区間記録を見たら、区間記録はやはり設楽クン(26)。

ただ区間2位は、なみいる過去の箱根のスター達を差し置いて

現役の東洋大の後輩で今年の箱根で往路1区区間賞の西山クン(19)だった。


そのままテレビ中継は「全日本卓球選手権」。


女子シングルス決勝には、石川佳純の姿は無く高校生の「みうみま」対決。

男子は絶対王者・水谷を中学生の「チョレイ」張本が圧倒して王座を奪った。


で、「大相撲初場所」。


今場所の成績はともかく若手の「阿武咲・北斗富士・貴景勝」の相撲が良い。

もちろん御嶽海も良い。




とにかく、どの種目も「世代交代の波」が否めない。




しかし、全豪オープン。

ナダルとフェデラーは強い。




2018年が始って、ちょっと経って。




年末年始休業に合わせて、娘が一年振りに帰省してきたのが、大晦日の21時。

新型のスーパーあずさの寝心地は良かったらしい…。


最後に会った時より髪は明るく、いわゆる業界人風にはなっていた。


当の本人はおそらく何も変わっていないと思っているだろうけど…



なんやかんやで、音速で休みが過ぎ、娘が東京に戻った。



その6日後…



メーカーの展示会で上京した。


同行したメンバーの半数の子供達が、今現在東京で仕事をしている。


本当は折角上京したので、それぞれ子供に会いたいのはヤマヤマだが


何ぶん水曜日なので、そもそも子供達自身が仕事中…。



あな、くちおしや




しかし、渋谷駅って所は、一体ナニに向かっているのか、いつ行っても工事中…



そんな都会の中で皆それぞれに頑張っているんだろうなぁ…






あぁ〜、竹原ピストルの「東京一年生」が沁みるわ〜…




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

てんちょー

Author:てんちょー
信州松本に住みながらも
登山もスキーもやらない
地の利を全く活かさない
とこやのてんちょーですm(_ _)m

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
日常 (37)
テニス (32)
スポーツ (6)

毎度ありがとうございます

ページビューを調べる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR