FC2ブログ

2018-09

「化ける」し「化けれる」

史上初。


大坂なおみ選手が全米オープンを制した。



そこまでの経緯を見てくると、決してフロックでもなければ

ジャイアントキリングでもない。




逆に言えば、この実力のままだと世界ランキング1位もある。


普通にありえる。



そう思わせる程、全てにおいて他の選手を圧倒していた。




ついこの間まで、技術は素晴らしいがメンタルの不安定さが理由で

勝ち切れないツアーが続いていた。



それが、マスターズ1000の大会を優勝した辺りで「化けた」。



結果が原因なのか、世間で絶賛されているはコーチの力か。



とにかく「化けた」のだ。



もちろん、若いのでまだまだ発展途上と言えばソレまでだが



考え方を一つ変えただけで「化けた」ようにも思える。




全く同じ現状での捉え方や向き合い方を少し変えただけで


人は、いかようにも「化ける」し「化けれる」。




そう思った。








スポンサーサイト

なぜ、必要以上に難しく考える?

サービスゲームで自分のダブりでゲームを落とす。


…そんな事が、しょっちゅう訪れる。



その日のサービスが比較的調子が良くキープが出来ていても


いざ劣勢に立つと、1stから回転の掛かったボールがネットする。




「みんなどうやって克服してるんだろう?」と単純に思う。




<失敗してはいけない><ミス出来ない>という感情が、著しく「毒」だと思ってはいる。




<挑む気持ち><攻める気持ち>を持って克服しよう!とも思っている。





ところが、トスアップした瞬間、一瞬ネガティブな感情なのか感覚なのか、が通ったら



<ヤバイ?!>と<そんなはずはない!>との戦いが始まり出す。



そんな状態でサービスなんて入りゃしない。



…という状態が、ここ最近顕著に続いている。





しかし、まったく光が見えない訳ではない。



現にたまたまやったシングルスでは、上記の感情がウソのように


いわゆる「いいサービス」が何発打っても入る。


ホント、ウソのように入るのだ。




自分自身の責任であるシングルスと相方が存在するダブルス。




商売だって宗教だって趣味だって「他人の迷惑にならなきゃ問題無い」という社会通念が


結果、オレをダブらせているのか?!




…試合に出てないのが、一番の原因の様な気もしてきた…





ま、思うようにいかないから、ず〜っと楽しめてるんだろうけどね〜^ ^;;




今晩も見えない何かとの戦いを楽しもうっと。

歌丸師匠が残してくれた言葉

色んなニュースが飛び交う今日この頃。



ボク的には歌丸師匠が亡くなられたのが一番の衝撃だった。




良くない体調である事は前々から伝えられていて、近い将来起こりうる事の覚悟は


関係者各位から落語ファン、日曜の午後5時30分に


日本テレビ系列にチャンネルを合わせた事が有る人全てが、出来ていた。




名人の芸が、生で見れなくなる事は哀しい。


哀しいが今のご時世。


ありとあらゆるメディアでその名人芸は見る事が出来る。




ボクにとって一番衝撃だったのは、歌丸さんが残した言葉だった。





「落語家を残す事も落語家の仕事のうち。

落後を聞いてくださるお客様を残すのも落語家の仕事のうち。」





頭をブン殴られた様な衝撃だった。


当たり前の事ではないこの一言。




子供が二人とも家業と同じ方向に向かっている今。


歌丸さんの言葉はボクにとって新たな「金言」となった。




一つの事を徹底的に極めた人の言葉は、重く、静かに輝く。




皆、見てくれている。


がんばろ。

2年間の成果かな?!

2年前。


正確に言えば、ボクが手塚サンのスゴく綺麗なローボレーに魅せられたのが2年半前。




私「スゴく綺麗だったんですけど、どんなことしてるんですか?…」



手塚サン「実は3年前から…」




…から、ボクはトレーニングジム「ZERO」に通い始めた。



それから2年。




久々に手塚サンとジムで一緒になり、あまり無い事だが

トレーニングと原トレーナーからのレクチャーを一緒に受けた。




もちろん、ジム歴3年先輩の手塚サンには及ばない事だらけだけど


原サンや手塚サンから言われている事、求められている事、

出来るようになった事、今の時点でまだ理解出来ない事…



それぞれがちょっとずつ、本当にちょっとずつだが、何だろうなぁ…



自分自身にはそんな経験無いからあくまで想像だけど

異国で日本語以外の言葉が、ちょっとずつ理解出来てくる様な感じ…なのかな?



全くマネ出来ない訳でもなく、だけどそれはまだ無理!な事もそれなりに解るところまで来れた。



…っていう実感が今日あった。




絶対にやった事に対して、ボクの身体は反応してくれている。という実感。





改めて、紹介してくれた手塚サンとZEROのスタッフの方々に感謝だな〜と感じた。







…で、後半始まって、川島ナイスセーブ!ガンバレ日本!





自分の方が大事だと思ったが…

6月24日



下馬評を覆し、コロンビアに勝った我が日本代表の2戦目のセネガル戦。


深夜12時キックオフの大事な一戦で、翌日が休みの恵まれた職業であるにもかかわらず


「明日の午前中からテニスのレッスンあるし…」で


スルーしようとしたのに、一旦見始めたら、どうにもこうにも止まらなくなって


結果、最後まで見てしまった。





正直、サッカーは何にもわからない…



…が、国の威信を掛けて戦っているその熱は素人のボクにも十分わかる。




だから胸を打つし、引き込まれる。




知らない事が一杯あるが、一素人的には




「この先、何かあるかもしれない…」と思わせる力が



結果論ながら感じられる。




大きく感じられる。












NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

てんちょー

Author:てんちょー
信州松本に住みながらも
登山もスキーもやらない
地の利を全く活かさない
とこやのてんちょーですm(_ _)m

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
日常 (41)
テニス (36)
スポーツ (10)

毎度ありがとうございます

ページビューを調べる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR